近視性脈絡膜新生血管

黄斑部に新生血管が発生する、加齢黄斑変性に似た病気です。

もともと近視の強い人に起こります。眼底に近視性変化が強く(オレンジ色のような眼底)で、中心付近に新生血管が発症します。

症状が中心部の視力低下。以前は治療法がなかったですが、最近では抗VEGF剤を硝子体に注射することにより治癒する場合が増えてきました。

近視性脈絡膜新生血管の眼底写真。全体的に正常の眼底に比べてオレンジ色調です。

中心部に出血がみられます(青矢印)

蛍光眼底造影検査では新生血管の部分が白く染まっています(青矢印)

三次元断層検査(OCT)で脈絡膜新生血管を認めます。

Follow me!

前の記事

網膜細動脈瘤