抗VEGF抗体の硝子体内投与

近年様々な眼の病気に抗VEGF抗体を硝子体内投与することが多くなってきました。

VEGFとはVasucular endothelial growth factorの略で、VEGFは生体に対して、血管新生を促する効果があります。

血管新生とは普段、創傷治癒、いわいるけがをして傷が治っていく過程で血管新生は必要です。また、腫瘍細胞が増大するのに

栄養が必要で血管新生を促す目的でVEGFが産生されます。

さまざまな眼の疾患でもVEGFが産生されます。血管新生=透明性を下げる=視力低下につながるため、眼においてVEGFが産生されることは

よいことがありません。VEGFが産生され視力低下につながる状態・病気には、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、加齢黄斑変性などがあり、このVEGFを阻害する抗VEGFが治療効果につながります。

現在抗VEGF薬には、マクジェン、ルセンティス、アイリーアなどがあります。研究が進行中のものもあり今後種類も増えていくでしょう。

Follow me!

前の記事

緑内障の視野進行

次の記事

硝子体内注射