アイリーアの硝子体内注射の後に泡粒のようなものが見える

近年、加齢黄斑変性や網膜静脈分枝閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑症などに抗VEGF療法(アイリーアなどの硝子体内注射)がよく行われるようになりました。アイリーア硝子体内投与したあとに、泡粒のようなものが見えることがあります。薬剤を硝子体内に注射すると同時に空気が入ることが多いです。泡粒はそれが見えているだけであり、1~2日で消えてしまいます。

次の記事

結膜結石