眼内レンズトラブル 白内障手術後の眼内レンズの合併症

白内障手術時、眼内レンズを挿入されます。

白内障手術は濁った水晶体(カメラでいうレンズ)を取り除く手術です。

機械で水晶体嚢の中の濁りを吸い出します。

水晶体嚢の中に人工の眼内レンズを挿入します。

眼内レンズは基本水晶体嚢というところに存在します。

手術後の眼内レンズ。アクリル樹脂でできています。もともと眼球内は異物が入っても拒絶反応の少いので問題はないです。

時に様々なトラブルが起こる場合があります。

眼内レンズ虹彩捕捉(アイリスキャプチャー)。眼内レンズが虹彩に挟まってしまっています。

後発白内障。眼内レンズをつつんでいる、水晶体嚢が手術後に混濁する状態です。

眼内レンズ落下。まれに外傷や強くこすることにより、眼内レンズが眼底に落下することがあります。

Follow me!