ステロイドの副作用

ステロイドはさまざまな疾患に使用される治療薬ですが、主に内服と外用(軟膏や点眼など)の投与方法があります。

眼科でもアレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ぶどう膜炎など様々な疾患に使用されます。

治療効果は非常に高い分、眼科的な副作用も強いです。

ステロイド点眼の副作用として、眼圧上昇(緑内障)、白内障、易感染(細菌感染、ヘルペスなど)

があげられます。なのでステロイド点眼を処方されたら、眼科での副作用が出ていないか、経過観察が必要です。

またステロイドの全身投与(内服)により中心性漿液性網脈絡膜症(中心性網膜炎)や多発性後極部網膜色素上皮症と呼ばれる網膜色
素上皮障害という病気になることがあります。

Follow me!