近視(近眼)の人になりやすい病気と遠視の人になりやすい病気があります。

近視は近年小学校中学校にも急速に普及しているスマートフォンやタブレットなどの形態端末のために顕著に増加してきています。近視は眼軸(眼球の長さ・直径)が延長するために結果的に網膜にピントが合わず、凹レンズで矯正しないといけなくなります。

正常では眼球の長さは24mmくらいですが、それより長くなります。

そのため網膜も引き伸ばされ網膜自体も薄くなり網膜剥離になりやすくなります。網膜剥離の発症に後部硝子体剥離とう現象が大きく関わっていますが、大体後部硝子体剥離は50歳以降に起こるといわれていて、近視の強い人は早く後部硝子体剥離が起こります。

また近視の人は正常眼圧緑内障にもなりやすいです。

一方遠視は眼軸が正常より短いため、網膜にぼやけた像が写るため凸レンズで矯正する必要があります。遠視は眼軸を含めすべてのパーツがコンパクトなために隅角という房水流出部分が狭いです。そのため閉塞隅角緑内障になりやすいです。

また中心性漿液性網脈絡膜症(中心性網膜炎)にもなりやすいと考えられています。

近視(近眼)の人になりやすい病気と遠視の人になりやすい病気があります。

近視は近年小学校中学校にも急速に普及しているスマートフォンやタブレットなどの形態端末のために顕著に増加してきています。近視は眼軸(眼球の長さ・直径)が延長するために結果的に網膜にピントが合わず、凹レンズで矯正しないといけなくなります。

正常では眼球の長さは24mmくらいですが、それより長くなります。

そのため網膜も引き伸ばされ網膜自体も薄くなり網膜剥離になりやすくなります。網膜剥離の発症に後部硝子体剥離とう現象が大きく関わっていますが、大体後部硝子体剥離は50歳以降に起こるといわれていて、近視の強い人は早く後部硝子体剥離が起こります。

また近視の人は正常眼圧緑内障にもなりやすいです。

一方遠視は眼軸が正常より短いため、網膜にぼやけた像が写るため凸レンズで矯正する必要があります。遠視は眼軸を含めすべてのパーツがコンパクトなために隅角という房水流出部分が狭いです。そのため閉塞隅角緑内障になりやすいです。

また中心性漿液性網脈絡膜症(中心性網膜炎)にもなりやすいと考えられています。

Follow me!

前の記事

眼瞼ヘルペス

次の記事

強膜炎