眼の構造

眼球

眼球は直径約24mmの球体。眼窩(眼を覆う骨の集まり)にあり、視神経により視中枢と連なります

眼球壁 眼を形づける構造物で、外から3層構造になっています

 眼球外膜:眼球を形づける一番外側にあって一番強い構造物です。前は角膜、後ろは強膜で成り立っています。

 眼球中膜;眼球を構成する外から二番目にある組織。ぶどう膜といわれ、虹彩と毛様体と脈絡膜で構成されています。

 眼球内膜:眼球を構成する一番深層にある組織で網膜といいます。カメラのフィルムにあたる大事な部分です。

 

眼球内の構造物は上記3層構造のほかに以下のものから構成されています。

 水晶体および毛様小体(チン小体)

 硝子体

 房水

眼球内の空間

 前房

 後房

 硝子体腔

その他の名称

前眼部

中間透光体(前房・水晶体・硝子体の総称)

今後またこれらの単語を説明していきたいと思います。

Follow me!

前の記事

糖尿病黄斑症

次の記事

眼の構造 角膜