視神経炎

視神経は眼球の後ろから出ている神経線維の集まりです。脳と眼球をつなぐ電線のようなものです。

視神経炎はこの視神経がさまざまな原因で炎症を起こす病気です。炎症疾患のほかに脱髄疾患、血管疾患、変性疾患なども原因になります。

症状は視力、視野障害。特に中心部がみえにくくなる中心暗点を起こします。眼痛を起こす場合もあります。

眼底所見は視神経乳頭の境界は不明瞭になり、浮腫状になり腫れてきます。

視神経炎の原因として

1多発性硬化症

2ウイルス感染症

3ウイルス性脳炎

4伝染性単核細胞増加症

5帯状ヘルペス

6髄膜炎の附随症

7肉芽性炎症(梅毒・結核・サルコイドーシス)

8眼内炎

9薬剤(エタンブトール・メチルアルコール・有機燐農薬・キニーネ)

10原因不明

Follow me!

前の記事

網膜振盪症

次の記事

脈絡膜コロボーマ