円錐角膜

思春期ごろから発症し、角膜の中央部やや下方が突出してくる病気。両眼に起こり進行性です。

正常な角膜の断面図。正常なカーブを描いています。

円錐角膜の断面図。正常な角膜のカーブから中央部が突出してきます。

初期は無症状。近視の急激な進行の症状を示す。不正乱視のために眼鏡での矯正がむつかしくなってきます。

進行すると円錐部の混濁、極度の菲薄化で角膜穿孔を起こします。

角膜混濁肥厚して急性角膜水腫になるこもとあります。

急性角膜水腫。角膜が混濁してしまっています。

治療は初期であれば、コンタクトレンズによる矯正、最終的には角膜移植が必要な場合もあります。

Follow me!