黄斑浮腫

黄斑浮腫とは網膜の中心部に黄斑部に血管内の漿液成分(透明な水の様な)がさまざまな原因によって漏れ出て視力が低下する病気です。

黄斑浮腫の原因には主に、

糖尿病網膜症のなかでの糖尿病黄斑症

網膜中心静脈閉塞症や網膜静脈分枝閉塞症

ぶとう膜炎

白内障手術後の炎症

など原因はさまざまです。