網膜細動脈瘤

眼底にある網膜の血管に動脈瘤ができる病気で、網膜細動脈瘤という病気があります。

脳動脈瘤と同じように血管に瘤ができる病気で血管が破裂して出血する可能性があります。

最初は自覚症状が出ることは少なく、たまたました眼底検査で発見されたり、人間ドックで眼底検査をして見つかる場合も最近では多いです。

網膜細動脈瘤の眼底写真。動脈に瘤ができています。その瘤の周りは出血しています。

まわりに黄色い粉のようなものがみられます。これは長期間出血を繰り返し、吸収して残った老廃物のようなもです。

青矢印が動脈細動脈瘤です。

治療は網膜光凝固術を行います。網膜光凝固をして白く焼けています。

出血の予防となります。

運悪く網膜細動脈瘤が大出血を起こして網膜下出血の状態になっています。こうなってしまうと視力低下してしまい、

後遺症が残ってしまいます。

Follow me!