神経線維束欠損

ランキングにご協力ください!!

↓↓


目・眼の病気ランキング

人間ドックや健康診断の眼底検査で、神経線維束欠損疑いのため、要眼科受診と書かれていることがあります。
この神経線維束欠損とはなんでしょう。結論から言うと緑内障の疑いがあるので眼科で精密検査受けてくれということです。

こちらは人の眼底写真で、カメラでいうこところフィルム(現代風にいうとデジカメの画素でしょうか)
眼底は網膜と名前がついていて、写真の中心の暗い部分が中心窩といって
ものを見る中心で、その周囲が周りの視野にあたります。
網膜には見る細胞(視細胞)が沢山配置していて、それが下の図のように神経線維につながって

視神経乳頭に集まって、視神経となって眼球の外へでて脳につながっていきます。

その神経線維が緑内障によってダメージを受けるのです。

左眼の眼底


これが実際の神経線維束欠損の眼底ですが、水色の→で示した暗い部分が
欠損している部分です。

神経線維が欠損している部分の視野欠損が見られます。

レンズを介すると上下逆になるので障害された神経線維と視野は上下逆になります。

さらに進行すると神経繊維の暗い部分が増えていきます。
最近の検査機器でも上の図の赤い部分に相当します。

Follow me!

前の記事

再発性角膜上皮剥離

次の記事

緑内障進行過程