屈折矯正手術(近視のレーザー手術など)

屈折矯正手術とは、眼鏡やコンタクトレンズを用いずに手術によって近視や遠視を矯正することをいいます。現在大きく2種類あり、角膜屈折矯正手術と眼内屈折矯正手術とがあります。角膜屈折手術とは角膜を手術的に厚さを変化させて、屈折度数を変化させるものをいいます。簡単にいうと、角膜の厚さを手術的に薄くして屈折率を減少させて近視を矯正するというものです。近視とは以前にも説明しましたとおり、網膜の手前で焦点があって網膜自体にはぼやけた像が写っている状態ですので、角膜を薄くして屈折率を減らして網膜にピントを合わせるというものです。

    角膜を手術(レーザーなど)により薄くして屈折力を弱めて網膜にピントが合うようにします。

いっぽう眼内屈折矯正手術とは眼内(前房あるいは後房)にレンズを入れて矯正するものです。簡単に言えば、眼鏡のレンズやコンタクトレンズを直接

眼内に入れて矯正することです。

眼鏡は眼の前に凹レンズをかけることにより網膜をピントを合わせます。

一方、眼内矯正手術は眼の中に眼鏡の代わりになるレンズを挿入する手術です。

1角膜屈折矯正手術

 エキシマレーザー角膜屈折矯正手術

  表面照射

  PRK(photorefractive keratectomy)

      LASEK(laser-assisted subepithelial keratectomy)

      Epi-LASEIK(epipolis-lase in situ keratomileusis)

      LASIK

 FS-LASIK(femtosecond-LASIK)

   角膜レンティクル除去手術(ReLEx: refractive lenticule extraction)

      Flex(femtosecond lenticule extraction)

      SMILE(small incision lenticule extraction)

2眼内屈折矯正手術

  有水晶体眼内レンズ挿入術

   前房型 

    隅角支持型  

    虹彩支持型

   後房型

    ILC(implantable collamer lens)

現在でも角膜屈折矯正手術の主流派エキシマレーザー角膜屈折矯正手術であり、なかでも

Laser in situ keratomileusis(LASIK)は国内でももっとも多く行われています。

それについで後房型有水晶体IOL、フェムトセカンドレーザーによるrefractive lenticule extraction(ReLEx)、エキシマレーザーによるSurface ablation(photorefractive keratectomy(PRK))などがあります。

LASIKの合併症は 視機能低下(コントラスト感度低下、ハロー・グレア)ドライアイ、層間炎症、上皮下混濁、実質内増殖、感染などがあります

        。

有水晶体IOL挿入術の合併症 髙次収差影響(不正乱視など)少ないですが、白内障、角膜内皮障害などがおこります

          

角膜屈折矯正手術の適応は 年齢18歳以上、屈折度が安定している10Dまで。遠視および乱視は6Dまで。

禁忌 円錐角膜、活動性の外眼部炎症、白内障、ぶどう膜炎や強膜炎に伴う活動性の内眼部炎症、重症の糖尿病や重症のアトピー性疾患、創傷治癒に影響のある可能性のある免疫不全疾患、妊娠中あるいは授乳中の女性、

有水晶体IOLの禁忌

適応は6Dを超える近視とし、3D~6D未満の中等度近視と15Dを超える近視は慎重適応。

禁忌 角膜屈折矯正に加え、浅前房、角膜内皮障害

Follow me!