視神経乳頭陥凹拡大

近年、日本人の失明の原因の第一位になった緑内障ですが、

緑内障が増加したというよりは、人間ドックなどで発見され

る患者が増えた要因もあります。

人間ドックで、視神経乳頭陥凹拡大とか神経線維束欠損とか

いわれ眼科で要精密検査といわれる方々です。

視神経とは眼底写真でここの部分のことをいい、

視神経乳頭陥凹拡大とは立体的にこの視神経が陥没することです。

視神経乳頭が立体的に陥凹(陥没)しています。

vk229841
vk217413
vk217411
vk235286
vk235287
vk227509
vk227510

3D撮影していますので、交差法で立体的に見てみてください。


この視神経乳頭陥凹拡大はあくまで形の異常なので

視野検査をして緑内障性の視野異常が検出されて

初めて緑内障とうい病名がつき、治療が必要になります。

Follow me!

前の記事

急性緑内障発作

次の記事

神経線維束欠損