眼のことでお悩みの方にお役に立てればと思います
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2017年July

月別アーカイブ: 2017年7月

角膜潰瘍

角膜は透明であることが重要な組織です。そのため、角膜は人間の感覚の中でももっとも敏感な 部分である必要があります。その大事な角膜がコンタクトやケガや異物が入ることによって 傷の部分から細菌などの病原体が感染し角膜潰瘍にな …

角膜ヘルペス 帯状疱疹

単純ヘルペスウイルスによっておこる片眼性の病気で、強い痛みを起こします。 また別のウイルス、帯状疱疹ウイルスによっても起こります。 眼球以外にも、まぶたや、頭にも痛み、発赤が出ることがあります。 眼科では点眼と軟膏を処方 …

カラーコンタクトレンズ(カラコン)をした後痛くなった

最近、カラーコンタクトレンズでトラブルの報告が多くなってきています。 日本製のまともなのは色素をコンタクトの素材の中に入れ込み、色素が漏出することはありませんが、 粗悪品はコンタクトの表面に色素を塗っているだけで、漏出し …

ボールが眼にあたった

球技によるスポーツ、特に野球やバスケットボール、サッカーなどのボールが眼にあたる場合あります。 眼に強くボールがあたると、角膜びらん(角膜の傷) 、外傷性虹彩毛様体炎(眼の中の炎症)、 網膜震盪症、 特に外傷性網膜剥離 …

まぶたがはれた 霰粒腫(ものもらい)

まぶたが腫れる病気にものもらいがあります。めんぼなどとも言われています。 このものもらいは、霰粒腫と麦粒種があります。その二つの決定的な違いは 霰粒腫は非感染性で麦粒種は感染性です(細菌感染、ばい菌のこと)。 霰粒腫は、 …

ひとえ 二重(ふたえ) 二重手術(ふたえしゅじゅつ)

日本人は欧米人や世界中の人種にくらべひとえ(一重)の眼が圧倒的に多いです。我々日本人は大陸のモンゴル系人民からの祖先と考えられています。モンゴル地方は寒冷地でとても寒いため、寒さから眼を保護するために瞼に脂肪を多くつけて …

まぶたが腫れて痛い ものもら めんぼ 霰粒腫

まぶたが腫れて痛くなるのは多くは、ものもらいとかめんぼとか言われている、 霰粒腫です。まぶたの表面側にできるタイプや、結膜側にできたりいろんなタイプがあります。 治療はまず点眼・軟膏で消失したりつぶれたりしますが、最終的 …

プールに入ったら眼が赤くなった

プール開きになり、学校でもプールに入る機会が増えてきます。 プールに入った後、眼が赤くなったりします。 プールに関連する眼の病気としては、 まず、プールの塩素にやられて充血する場合、 一般的な最近感染による結膜炎、 プー …

突然めが赤くなった

なにもないのに急に眼が真っ赤になる時があります。結膜(白目)の血管が切れて出血して真っ赤になることがあります。 ほとんどは病気ではなく、こすったりしたことにより結膜の血管が切れたことが原因です。 殴られたりぶつけたりしな …

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • twitter

PAGETOP
Copyright © 眼科ドットインフォ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.