角膜は透明であることが重要な組織です。そのため、角膜は人間の感覚の中でももっとも敏感な

部分である必要があります。その大事な角膜がコンタクトやケガや異物が入ることによって

傷の部分から細菌などの病原体が感染し角膜潰瘍になります。症状は著しいい痛みと眼の充血

霧がかかったように視力が低下します。治療は抗生物質の点眼ですが、病原体が細菌以外、

例えばアメーバや真菌(カビ)などの場合治癒しないため、治療法を変える必要があります。

透明な角膜に白い斑点ができています。