まぶたが腫れる病気にものもらいがあります。めんぼなどとも言われています。

このものもらいは、霰粒腫と麦粒種があります。その二つの決定的な違いは

霰粒腫は非感染性で麦粒種は感染性です(細菌感染、ばい菌のこと)。

vk273462

霰粒腫は、マイボーム腺の非感染性の慢性肉芽種です。導管が閉塞し、マイボーム腺が

分泌物が排出されずに停滞すると、周囲組織と異物反応が生じると考えられている。

要は涙の油成分の出る管が詰まって塊になります。それが炎症を起こす状態です。

治療は手術(切開)が基本ですが、点眼(抗生物質、ステロイド)・ステロイド軟膏、ステロイドの局所注射など

で治る場合が多いです。

 

麦粒種は眼瞼に付属する腺組織の細菌感染です。通常、発赤、腫脹、疼痛、圧痛があり、

進展すると膿点がみられます。睫毛に付属する皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)に感染が生じた場合、外麦粒種と呼ばれ、マイボーム腺に感染が生じた場合は内麦粒種と呼ばれます。

治療は抗菌薬の投与。点眼や場合によって内服も必要になります。