幼稚園児や小学生の子供に時々逆さまつ毛を見ることがあります。

下のまつ毛がくろめ(角膜)にあたっています。

子供の顔は成長によって大きくなり、それに伴い皮膚が下方向につっぱるので

多くは下の逆さまつ毛は軽快していきます。

角膜に潰瘍を起こしたり、強い痛みがなければしばらく経過観察します。

子供の内反症。成長とともに、顔が大きくなり、下のまぶたも

下方向につっぱっていき、自然に治ることもおおいです

ご高齢の眼瞼内反症。加齢により起こる。

自然には軽快しないため、内反症の手術が必要になります。