糖尿病網膜症は日本人の失明の主要な原因です。
以前は日本人失明原因の第一位でしたが、現在は緑内障が一位となっています。
しかし決して糖尿病網膜症が減ったのではなく、沢山の方が失明しています。

糖尿病になったからといっていきなり糖尿病網膜症になるわけではありません。
糖尿病の重症度にもよりますが、糖尿病網膜症は年単位で進行していきます。

糖尿病網膜症の重症度は大きく分けて3つに分けられます。

単純型
前増殖型
増殖型

の3つです。

糖尿病と診断されて数年すると
眼底にポツポツと出血が見られるようになります。
vk069496
正常の眼底ですが、出血はみられません。

vk068669
眼底に赤い出血が認められます。白いのは白斑といって血管から漏れ出た老廃物です。

更に進行すると血管が詰まってきます。そうすると軟性白斑といって網膜の血管が
詰まって浮腫になった状態をしめすものがみられるようになります。

vk217020
蛍光眼底造影検査というのをすると網膜の血管がつまっているのがわかります。
この時期を前増殖期といいます。血管が詰まって血が足らない状態なので
網膜は血管をくれ!と指令をだします。そうすると新生血管というのが
生えてきます。その新生血管がくせもので、さらにそこから出血が
増えて悪循環になります。
元々網膜の血管とういのは、他の体の組織の血管より出血や血液の成分が
漏れ出てきにくい構造になっています。それは出血や血液の成分が漏れ出る
ことによって容易に視力低下を起こすのを防ぐためです。
それを眼ー網膜バリヤーといいます。

しかし新生血管はそのバリアーが少なく、出血や漏出がおこりやすいのです。

vk075598
その時期になると網膜光凝固術という治療が必要になってきます。
眼底に点々が見えますが、網膜光凝固術の後です。

放置するとさらに網膜症は進行していきます。