眼を殴られたり、ボールが強くあたったりすると、網膜というところに病気が発症することがあります。

ひどければ網膜裂孔や網膜剥離になり治療を要することがあり、特に網膜剥離は放置すると失明する可能性があります。

またそこまではいかないまでも、強く眼をぶつけると網膜振盪症という状態になることがあります。

眼を強くぶつけたあと、という感じで特に治療の必要はなく経過観察をします。