眼の紫外線暴露によりおこります。

積雪期登山、スキー、高度飛行、アーク灯の使用、電気溶接等の際に起こります。

すぐに症状がでるのではなく、

10時間の潜伏期をおいて急激に発症し、結膜の充血と浮腫が強く、角膜炎も起こします。

治療は点眼して、眼帯させて光線からさえぎり安静にします。

数日以内には全治して重症化することはありません。

痛みが強く眼は充血

角膜(くろめ)に細かいキズが沢山ついています。