40~50歳くらいになってくると、近くが見えにくくなってきたり

スマートフォンの小さな文字が見えにくくなってきます。

遠くを見るときは、そのままで見えますが、

近くを見るときは眼のレンズ(水晶体)を分厚くして近くをみます。

年齢とともに、レンズを分厚くする調節機能が衰えて

だんだんと近くが見えなくなります。それが老視(老眼)です。

老眼鏡で矯正します。

ろうがんは凸レンズで矯正します。