この時期、小学校、中学校では視力検査を行い、視力の悪い生徒は紙をもらってきます。

  • A 視力1.0以上                                         指導と事後処置(定期健康診断の結果、視力区分Aであれば、学校医は): “児童に視力保持への関心をもたせるように”保健指導します。
    ただし、Aであっても、本人が視力や眼の異常を訴える時、教師や学校医が受診の必要性を認めた時、矯正視力がAである時、眼科受診をすすめることになっています。
  • B 視力0.9-0.7
    指導と事後処置: 養護教諭が、再度視力検査をします。2回目がB、C、Dであれば、眼科受診をすすめます。
  • 視力0・6-0.3
    指導と事後処置: 眼科受診を勧告します。
  • D 視力0.3未満
    指導と事後処置: 直ちに眼科受診を勧告します。
    矯正視力も不良の時、教育的措置が必要とされます。

最近は携帯ゲームやスマートフォンの普及で視力の悪い生徒が増えてきました。

近視で眼鏡が必要な生徒が多いです。