眼のことでお悩みの方にお役に立てればと思います

眼圧とは

  • HOME »
  • 眼圧とは

緑内障の時、よく眼圧検査とか眼圧とか聞きますよね。

眼圧とは何かというと簡単にいうと眼の硬さです。

眼は図のように閉鎖空間になっていて、周りは角膜、強膜

で囲われています。その空間の中に水(房水)の流れがあり、

レンズ(水晶体)の付け根に毛様体といっていわば水道の

蛇口のようなところがあり、水が産生されています。

そして水晶体の前面を流れ、瞳孔領を通り、最終的に

隅角にある線維柱帯というところから眼外へでて、最終的に

血液に帰ります。そのバランスで眼圧は出来て、

21mmHg以下が正常といわれています。ただ

この正常範囲というのは、人間全体の統計学的に

算出されたもので、いくつだから大丈夫というものではありません。

特に緑内障の方は、人によって目標眼圧があります。

緑内障の発作を起こすとこの眼圧が一気に50とか60になり

激痛になり、失明に繋がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • twitter

PAGETOP
Copyright © 眼科ドットインフォ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.