なにもないのに物が飛んで見えることがあります。ものが飛んで見えることを飛蚊症といい、飛蚊症は
単なる症状のことで病気の原因を表しているのではありません。
飛蚊症の原因として、加齢現象の一つで後部硝子体剥離というものがあります。
眼球の中は空洞になっているわけではなく、硝子体という、透明な寒天のようなものが詰まっています。
その硝子体はゲル状のものなのですが、50~60歳くらいでだんだん液体(ゾル状)に置き換わって、
硝子体自体は縮まって小さくなってきます。小さくなると硝子体は網膜から剥がれていきます。
その硝子体の表面に濁りが、実際自分で見えるようになり物が飛んで見えるようになるのです。
ほとんどの方はこうした加齢現象で心配はないのですが、なかに硝子体が網膜から剥がれるときに
網膜を引っ張って網膜に穴や裂孔を生じることがあります。これが網膜裂孔で、放置すると
どんどん網膜が剥がれて網膜剥離という病気になり失明に至ります。網膜剥離の時、”光がピカピカ見える”という光視症を自覚することもあり要注意です。
また、血管を引っ張って硝子体出血という状態になることもあります。
そのほかぶとう膜炎やさまざまな病気から飛蚊症を起こすことがあるので、飛蚊症を自覚する場合は
最寄りの眼科受診をして眼底検査が必要になります。
飛蚊症
↑に輪っのような濁りがあります。

飛蚊症のほとんどはこの硝子体の濁りによって起こります。