野球のボールが眼にぶつかった、棒が眼にあたったなど様々なものが眼にあたることがあります。
軽ければ問題ありませんが、強く物があたった場合、虹彩炎といった、眼の中の炎症を起こしたり、
前房出血といって前房に出血を起こしたり、眼底に網膜剥離を起こしたりする場合があります。