赤くなりめやにが続く結膜炎の場合、流行性角結膜炎(はやりめ)のことあります。

原因はウイルスで、風邪と同じ伝染性があり、治癒するまで2週間ほどかかります。

 

眼が真っ赤になり、下まぶたが濾胞といってぶつぶつができます。めやにが大量に出て

適切に治療をしないと角膜混濁を残す場合があり視力低下につながります。