瞼が下がってくることは、眼瞼下垂といいます。様々な原因で起こります。上眼瞼挙筋(動眼神経支配)または上瞼板筋(交感神経支配)の麻痺によって起こります。前者によるものは程度が強く、先天性のものが多いです。
後天性のものはほとんど片側性で外傷、梅毒、腫瘍、筋無力症、脳疾患などが原因になります。
後者によるものは程度が軽く、下瞼板筋麻痺とともに、交感神経麻痺の一部としてみられます。
治療は原因疾患の治療です。

まぶたが下がって視力障害が出る場合はまぶたを上げる手術を行います