それでは人間ドックや健康診断で緑内障疑いや視神経乳頭陥凹拡大といわれ眼科を受診したら

その後の検査や診断はどうしていくのでしょう。

緑内障の診断には形態の異常(視神経乳頭陥凹拡大神経線維塞欠損)に加え

機能異常(視野欠損)の二つあって初めて緑内障の診断がつきます。

そのため、眼底異常で視神経乳頭陥凹拡大と言われたら直ちに緑内障というわけではありません。

そのため視野検査を行います。


目・眼ランキング