よく、白内障手術したらどれくらもつの?と聞かれます。
どれくらいもつのという意味はいろいろだと思いますが、
基本的に眼内レンズは一生もちます。
みなさんの聞きたいことは”どれくらい視力良好が保たれるか?”
だと思いますが、眼の病気は白内障だけじゃありません。
白内障手術したら死ぬまで良好な視力を保ち続けれるか?
との質問にはNOです。白内障以外にも年齢に伴う眼の病気は沢山あります。
緑内障、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症。。。言い始めたらきりがありません。

白内障に関しても経過観察は必要です。
最初綺麗だった眼内レンズを包んでる袋(嚢といいます)も
だんだん濁ってきます。それを後発白内障といいます。
手術後しばらくは眼内レンズを包んでいる嚢も綺麗です。
vk234203
眼内レンズを包んでる嚢がだんだん濁って、視力も低下してきています。
vk234162
これだけ濁るとかなり見えにくくなります。

こうなったらレーザー治療で濁りを除去すれば視力回復します。