中心性漿液性脈絡網膜症は若い人から中高年のどなたでもなる病気です。

突然、(主に)片目が見えづらくなり、特に視野の中心が見えづらくなります。

片眼の視野の真ん中がぼやける病気です。

原因は不明で、ストレスが関係していると考えられています。

自然に治る傾向の病気ですが、

再発する場合や、長引く場合もあります。

高齢の場合、加齢黄斑変性という病気に移行する場合もあります。

治療は経過観察。長引く場合などは蛍光眼底造影検査を行い、

漏れている場所にレーザー光線をあてる治療をする場合もありますが、

中心に近い場合、暗点(黒く視野欠損)が残る場合もあるので

せずに治るものならなるべく自然に治ったほうがいいです。

最近では光線力学療法とうい治療をする場合もありますが

保険適応がないため、自費診療となります。

網膜(眼底)の中心に膨らんだ部分が見られます。その部分に血液の水の成分が溜まっています。
蛍光眼底造影検査をすると真ん中部分に漏れている部分が見られます。