眼のことでお悩みの方にお役に立てればと思います

急性緑内障発作

  • HOME »
  • 急性緑内障発作

急性緑内障発作

 

緑内障は以前申し上げた通り、様々な分類があります。一言で緑内障といっても分類が違えば別の病気と呼んでも過言ではありません。

今回は急性緑内障発作の解説をしたいと思います。

 

この緑内障発作は、人間の感ずる痛みのベスト3を味わい、放置すれば一晩で失明に至る

非常に怖い病気です。前回解説した緑内障の分類のうち、

 

後天性、原発性、急性、閉塞性となります。

 

後天性は生まれつきの病気ではなく、ある程度年齢がいった人に起こるという意味です。

ほとんど高齢者の女性に多い傾向にあります。

 

原発性は、ほかに原因となる病気がないということです。

 

急性は慢性とは違い、急激に発症するという意味です。

 

閉塞性は房水の出口がふさがるという意味です。

 

もともと、隅角が狭い人が、高齢になってくると、水晶体(レンズ)が分厚くなり、

隅角を水晶体が後ろから押し付けられさらに狭くなります。

そういったバックがラウンドがある人に起こりやすいです。

そして、そういった方が、夜になると瞳孔が開くと後房から前房への房水の流れが

レンズによってふさがれます。そして房水はどんどんできるけど、眼球の外へ

出ていかなくなり、眼圧がどんどん上昇していきます。

放置すれば失明にいたります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • twitter

PAGETOP
Copyright © 眼科ドットインフォ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.